『抗菌印刷』で
印刷物を「清潔」「安全」に

多く人が触れる印刷物が『抗菌印刷』でお客様に安心感を与えます。

優れた抗菌力

紙の表面に抗菌剤が入った印刷ニスをコーティング、抗菌効果に優れています。

高い安全性

印刷ニスは、化粧品等にも使われている高い安全性が確認された無機銀系の抗菌剤が有効成分です。

商品の差別化

清潔さや安全性へのニーズが高まっている今、抗菌を施すことで差別化が図れます。

『抗菌印刷』
を選んでください

昨今、人々の「菌」からの
防衛意識が高まっています。
自分が触れる"これ"は「清潔」なのか?
企業がお客様にお渡しする印刷物の"これ"が「清潔」「安全」
と同時にお知らせすることが出来たら、企業イメージ向上に
貢献することでしょう。
アベ印刷株式会社では、抗菌製品技術協議会が制定した基準を
クリアすることで発行されるSIAAマークを取得し
『抗菌印刷』をサービスに加えることで、貴社の
戦略的なイメージアップのお手伝いをさせていただきます。

SIAAマーク

「SIAAマーク」は、ISO22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。
SIAAが制定した抗菌のシンボルマークであり、「抗菌性」・「安全性」・「適正な表示」の3つの基準を満たした製品に表示されます。 弊社で行う『抗菌印刷』では、印刷物に「SIAAマーク」を表示することができます。

About Antibacterial Printing「抗菌印刷」についてAbout Antibacterial Printing

01/04

『抗菌印刷』とは?

弊社の『抗菌印刷』は、用紙の表面に抗菌剤入りのニスをコーティングすることで抗菌効果の高い印刷物に仕上げる印刷方法です。

抗菌コーティングされた印刷物は、大腸菌や黄色ブドウ球菌はもちろんのこと病原性大腸菌のO-157やサルモネラ菌の繁殖を大きく抑制することができます。

細菌による人間への悪影響は、その細菌が一定量を超えて大量に増殖した場合に起きるのがほとんどで、『抗菌印刷』された印刷物は、細菌の増殖を抑えることができるので、人体への影響を小さくすることができます。

About Antibacterial Printing「抗菌印刷」についてAbout Antibacterial Printing

02/04

「SIAAマーク」が与える3つの安心

■抗菌性
抗菌加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が100分の1以下であること。耐久試験後も抗菌効果が確認されること。

■安全性
抗菌製品技術協議会が独自に決めた安全性基準を満たしていること。

■適正な表示
抗菌剤の物質名、加工部位を明示していること。

ご希望により『抗菌印刷』した印刷物に「SIAAマーク」を印字することもでき、企業のイメージアップにも繋がります。

About Antibacterial Printing「抗菌印刷」についてAbout Antibacterial Printing

03/04

「SIAA(抗菌製品技術協議会)」とは

SIAA(抗菌製品技術協議会)とは、適正で安心できる抗菌・防カビ加工製品の普及を目的とし、抗菌剤・防カビ剤および抗菌・防カビ加工製品のメーカー、抗菌試験機関が集まってできた団体です。

業界だけでなく、消費者代表、専門家および行政などの幅広い意見を聞きながら、抗菌加工製品に求められる品質や安全性に関するルールを整備し、かつそのルールに適合した製品の安心のシンボルSIAAマークを発行しています。

【公式】抗菌製品技術協議会ホームページ
https://www.kohkin.net/

About Antibacterial Printing「抗菌印刷」についてAbout Antibacterial Printing

04/04

【試験データ】 エコハートS におわなインキ

試験菌 試験前
処理
測定 試験片 生菌数
黄色
ぶどう
球菌
なし 接触直後 無加工製品 14,000
室温23℃
湿度39%
24時間後
無加工製品 800
エコハートS
におわなインキ
1 未満
耐光処理
区分1
接触直後 無加工製品 13,000
室温23℃
湿度39%
24時間後
無加工製品 5,000
エコハートS
におわなインキ
1 未満
大腸菌 なし 接触直後 無加工製品 14,000
室温23℃
湿度39%
24時間後
無加工製品 1,000,000
エコハートS
におわなインキ
1 未満
耐光処理
区分1
接触直後 無加工製品 14,000
室温23℃
湿度39%
24時間後
無加工製品 1,000,000
エコハートS
におわなインキ
1 未満

耐光処理 区分1:キセノンランプ60W/㎡、10時間照射

①黄色ぶどう球菌

試験直後に約13,000~14,000個だった菌が、24時間後に無加工製品でも800~5,000個まで減少しましたが、エコハートS におわなインキでは1未満まで減少しました。

②大腸菌

試験直後に約14,000個だった菌が、24時間後に無加工製品で約1,000,000個に繁殖しましたが、エコハートS におわなインキでは1未満まで減少しました。

※都インキ株式会社様提供データ

抗菌のメカニズム

印刷の表面に銀イオンを配合したニスを使用することで、 細菌の増殖を抑制した製品を作ることが可能です。

銀イオンとは抗菌性・安全性・安定持続性に大変優れた抗菌素材です。
銀の抗菌メカニズムには、まだ完全な結論が得られていませんが、溶液中の銀イオンが微生物の細胞膜から取り入れられ、細胞内にある酵素などのアミノ酸と結合して酵素の働きを失活させ、代謝機能が停止し細胞を死滅させると言われています。

弊社が採用している抗菌ニスでも主にブドウ球菌や大腸菌の繁殖を大きく抑制する効果が実証されています。

FAQよくある質問FAQ

『抗菌印刷』に関して寄せられるご質問をご紹介いたします。

抗菌加工製品は人体に影響を与えることがないでしょうか?

抗菌加工製品は抗菌加工した製品自体に抗菌性を与えることを目的としており、 抗菌加工製品に接触する他の製品に対しての抗菌力はありません。
すなわち抗菌加工製品上の細菌の増殖を抑制するだけで、それ以外の細菌を死滅させたり消毒したりするものではありません。
したがって皮膚常在菌に対する作用はほとんどありませんし、また自然界の微生物に影響を及ぼすこともありません。

安全性についてはどのような試験項目がありますか?

抗菌剤の安全性試験としては、急性経口毒性試験、皮膚一次刺激性試験、変異原性試験および皮膚感作性試験の4項目があります。
それぞれ公的機関またはそれに準ずる機関で所定の方法により試験を行い、基準を満たしていることが必要です。
また抗菌加工製品にはこの安全性基準を満たした抗菌剤を使用しなければなりません。

抗菌加工製品を日常生活で使用すると、どのよう利点がありますか?

抗菌加工された製品表面での細菌の増殖の状況は、製品表面を清浄にさえしていれば、抗菌加工されていない表面と比較し、 安全面は変わらず、しかもその製品が使用される期間中、常に細菌の増殖割合のみが百分の一以下に保たれます。
抗菌加工は、「無菌」「殺菌」「消毒」の言葉で表されるように細菌を完全に殺菌し全くゼロとする効果はありません。
したがって、この製品を使用したからと言って、無菌状態とするわけではありませんので、食中毒を完全に防止するような効能も謳えないかわりに、多用し過ぎて免疫力が低下するというような心配もありません。

抗菌加工製品は抗菌加工されている表面が汚染されても効果がありますか?

製品表面が抗菌加工されていますので、その表面が汚染された場合肝心の抗菌加工表面が汚染物により覆われ所定の抗菌効果を発揮しないことになります。
従って、十分な効果を発揮させるには抗菌加工表面を常に清潔に保つ必要があります。

抗菌加工製品を廃棄するにはどうしたらよいのしょうか?

抗菌加工製品は、使用抗菌剤が安全確認されている濃度以下で使われていますので、
抗菌加工製品だからといって特別の廃棄処理は必要ありません。

「抗菌」は「殺菌」とか「消毒」とは違いますか?

「殺菌」や「消毒」という言葉は、いずれも微生物を完全に死滅させるか、除去することを意味するのに対し、「抗菌」は細菌の増殖を抑制することを意味し、先の2つの言葉とは全く意味が異なります。
通常、「殺菌」や「消毒」された物に細菌が付着すると菌はそのまま増殖しますが、「抗菌加工」された物については、細菌は増殖することなく抑制されるといった違いがあります。

MORE ITEMS

Contact Usお問い合わせ

抗菌印刷についてのお問い合わせは右のボタンをクリック。
何なりとご質問、ご相談くださいませ。

スマートフォンを縦にしてご覧ください。